ロクでもない、最高の人生を  ~ 世界を変えたいEntrepreneur ~

【誰もが幸せに ” 生き易い ” 世の中に変えていく】をテーマに、日常や仕事プライベートの奮闘を綴っていきます^^

今、名前を付けられる職業は、5年後には無くなる?

こんにちは!

QUARKの稲生恵理子です。

 

 

お盆ですね!

皆さん、お墓参りは済まされましたか?

 

 

昨今はあまり先祖とか言わない時代になりましたけど

こうして自分で仕事をさせていただくようになると

自分一人では何もできない、

両親とその先祖の力があってこその自分だということを

本当に実感するのです。

 

 

普段から意識してますけど

お盆や大事な節目にはより一層思いを馳せてみると

いいかもしれません。

 

 

 

さて

 

 

いきなりですが

 

 

わたしの職業は〇〇です!と

今、明確に言えるもの。

 

 

それはAI全盛時代がくると言われている5年後には

なくなっている可能性が高いというお話を最近、耳にしました。

今ある職業の7.8割はなくなる、とも言われているみたい。

 

 

それに

わたしの考えを付け加えると

「おりこうさんな個人事業も然り」と。

 

 

人生のすべてを投入して全精力を注ぐような

リスクをとることばかりが大事ではないと思うけど

けれど、今、成功している人ってやっぱり皆そうよなぁ。

 

 

みんな泥水すすったり、人が何年もかけて少しずつ経験するような

不遇を3個くらい同時に経験してたり

 

 

なんかこう使命っていうか

覚悟っていうか

 

 

そういうものを口だけではなく

人生で体現しているひとっていうか。

 

 

人にあまりおおっぴらに言えないような

不遇の時代があったり、社会や親への怒りとか

 

 

強烈な反骨精神を持っている人って

イデアや職業は変わっても、基本姿勢は絶対に変わらない。

社会に対する怒りポイントがたくさんあるからこそ、やりたいことも多く、

結果的に「何やってる人かわからない」と言われてしまうが

 

 

既存のもの、一つを突き詰めるスペシャリストではなく

 

 

たくさんの0→1をいくつもいくつも生み出せる

名前のないマルチクリエイターが

きっと、戦争も起きかねない混沌とした今の世の中を

5年後も10年後も颯爽と生き抜いていくんだろうなぁ。

 

 

そんな風に感じます。

 

 

かくいうわたしもPRといっていますが

PRであってPRでないというか

 

 

「事業がうまくいくためのお手伝いなら何でもするマルチな人材」

 

 

そのなかの大きな比重を占めるのがPR、というイメージですね。

何者かわかりやすいからその言葉を使っていますが

それのみのアイデンティティを持つ必要はないと思っていまして。

 

 

なので既存のPR会社のような

メディア露出やイベントやってナンボのPR会社と一緒の

イメージをされると、がっかりすると思います。

 

 

社員さん、社長様と一緒に

汗と血と涙を流す、そんなPR実行マネージャー。

 

 

これから創り上げることを考えると

今からワクワクします(^◇^)

 

f:id:eriquark:20170813193411j:plain